たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2020年08月20日

映画のまち調布 シネマフェスティバル2021



映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」の開催期間が発表になりました。
開催期間: 2021年2月5日(金)~2月28日(日)
開催会場: 調布市文化会館たづくり 調布市グリーンホール イオンシネマ シアタス調布

green_right映画のまち調布 シネマフェスティバル」とは?
映画の作り手にスポットを当てた映画祭です。
「市民×映画技術者」で選考する「映画のまち調布賞」の授賞式をはじめ、関連した作品上映、トークイベント、展示や講座、ワークショップ等各種イベントを開催します。

blue_right映画のまち調布賞」とは?
主に映画製作の現場を支える技術者や制作会社などの「映画のつくり手」に贈る賞です。
映画・映像関連企業が数多く集まる「映画のまち調布」にふさわしい映画賞と言えます。

red_right日本映画人気投票受付中!
投票受付期間: ~2020年9月6日(日)
対象作品: 2019年9月1日から2020年8月31日までに、国内の映画館で有料で初公開された日本映画。
投票対象者: 調布市内在住・在勤・在学の方 イオンシネマ シアタス調布来場の方
投票方法: ①投票箱設置会場での投票用紙による投票 ②インターネット投票
     詳細→ https://chofucinemafestival.com/contents/16419
この投票により、映画祭の上映作品と、映画賞「第3回 映画のまち調布賞」の作品賞・技術賞5部門(撮影・照明・録音・美術・編集)のノミネート作品が決まります。
presenticon12投票者を対象に、イオンシネマ映画鑑賞券が抽選で50名に当たるキャンペーン実施中!


(水谷)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 23:34Comments(0)告知

    2020年06月21日

    2020「調布ジュニア映画塾」 第11期生募集開始

    調布ジュニア映画塾」が2020年度の募集を開始しました。



    green_right調布ジュニア映画塾」とは?
    中学生が映画作りの面白さを体験できるワークショップです。
    プロの映画監督や技術者の指導を受けながら、脚本、撮影、編集という映画制作の基本を体験します。

    映画作りはだれでも取り組める創作活動です。
    映画制作という共同作業の中で創造力や表現力を養うと同時に、仲間と協力し知恵を出し合って、自分たちの映画を作り上げる達成感を味わうことができます。

    今年の募集人数は10名。
    新型コロナウイルス感染防止対策をしての開催となります。

    申込み締切は7月22日(水)です。
    詳しいことは「調布ジュニア映画塾」の第11期生募集開始ページをご覧ください。
    https://jeiga.tamaliver.jp/e475167.html


    (水谷)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 16:00Comments(0)告知

    2020年01月28日

    キートス チャリティコンサート

    新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、コンサートは延期となりました。
    また時期を改めて開催する予定だそうです。


    NPO法人 青少年の居場所 Kiitos」がチャリティコンサートを開催します。



    歌の花束をキートスへ”と題した、秦 万里子さんによるチャリティーコンサートです。

    green_rightキートスとは?
    2010年7月調布に設立された、中学生から20代までならだれでも利用できる施設です。
    現在、子どもたちの「居場所」であるべき家庭の在り方が、様々な状況によって大きく変化しています。
    そして、家族の役割の崩壊の中、不安を抱え居場所を探し続ける子どもは増えています。
    そのような子どもたちが、少し疲れた羽を休めて再び飛び立つための「止まり木」のようなところとして、自立への手助けをしています。
    「NPO法人 青少年の居場所 Kiitos」ホームページ
    → http://kiitos.org/

    green_right秦 万里子さんプロフィール
    3歳からピアノを始める。
    学習院(初等科~女子高等科)、国立(くにたち)音大ピアノ科、バークリー音楽院へ進み、帰国。
    2010~12年、NHK「歌うコンシェルジュ」の司会として出演後、ワイドショーのコメンテイター、審査員としてフジテレビ系列「芸能界特技王決定戦 TEPPEN ピアノ部門」などを務める。現在、コメンテイターとしてTOKYO MX「モーニングCROSS」やラジオなどに出演中。
    音楽を楽しむことに徹底したライブ、コンサートを行い、一方では自分自身の介護経験、発達障害の双子の娘の育児経験を生かし、各種施設、教育現場などで気持ちに寄り添う講演や公演を多数行う。
    音楽指導にも力を入れ、楽譜を使わないコーラス(総称:大人の365日を歌うアマチュアシンガーズ「Cha-Cha」)13グループを率いて、その独自の世界が広がりつつある。
    平和への思いをコーラスメンバーと共に広げる活動も精力的でマレーシア、アメリカ、香港などでも演奏。
    秦 万里子さんホームページ
    → http://hatamariko.net/

    日時: 3月13日(金)18:30~20:00
    場所: 調布市グリーンホール 小ホール
    料金: ¥3,000 (全席自由)

    チケット申し込み・問い合わせ:
    ①キートスを支える会
    MAIL ・・・ chofukiitos2017@gmail.com
    TEL ・・・ 042-444-0749 (キートス直通)
    ②調布市グリーンホールチケットサービス
    TEL ・・・ 042-481-7222 (受付時間13:00~17:00)

    2017年に開催された1回目のコンサート、それはそれは楽しいコンサートでした。
    今年も、素敵な歌の花束をキートスに贈ってくださることと思います。


    (水谷)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 11:23Comments(0)告知

    2020年01月20日

    映画のまち調布賞 決定

    映画賞「第2回映画のまち調布賞」の受賞者決定

    映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」が、2020年2月14日(金)から3月8日(日)まで開催されます。

    green_right映画のまち調布 シネマフェスティバルとは?
    映画の作り手にスポットを当てた映画祭です。
    「市民×映画技術者」で選考する「映画のまち調布賞」の授賞式をはじめ、関連した作品上映、トークイベント、展示や講座、ワークショップ等各種イベントを開催します。

    green_right映画のまち調布賞とは?
    主に映画製作の現場を支える技術者や制作会社などの「映画のつくり手」に贈る賞です。
    映画・映像関連企業が数多く集まる「映画のまち調布」にふさわしい映画賞と言えます。
    調布市内在住、在勤、在学の方 、イオンシネマ シアタス調布(駅前映画館)来場者による人気投票と、経験豊富な映画人による審査で受賞者が決まります。
    投票は、2018年9月1日から2019年8月31日までに国内の商業映画劇場で有料で初公開された日本映画を対象に、2019年3月1日から9月15日の約6か月間に行われ、投票総数は12,582票になりました。

    第2回映画のまち調布賞の受賞作品と受賞者は、次のように決まりました。

    撮影賞 『新聞記者』 今村圭佑氏


    照明賞 『日日是好日』 水野研一氏


    録音賞 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 鈴木肇氏


    美術賞 『キングダム』 斎藤岩男氏


    編集賞 『翔んで埼玉』 河村信二氏


    功労賞 紅谷愃一氏(録音技師)


    作品賞 『天気の子』

    各賞の選定理由、受賞者の経歴、受賞コメント、作品の見所や制作過程でのエピソードなどは、「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」の「映画のまち調布賞 受賞者」ページをご覧ください。
    https://chofucinemafestival.com/award2020

    <授賞式>
    日時:2月29日(土)17:00~
    会場:イオン シアタス調布 スクリーン10
    料金:1,400円
    *18:10 ~ 『Fukushima50』先行特別上映会があります。

    © 2020『Fukushima 50』製作委員会 3月6日(金) 全国公開 配給:松竹 KADOKAWA


    (水谷)

      


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 12:20Comments(0)告知

    2020年01月13日

    調布市民駅伝競走大会2020

    第64回調布市民駅伝競走大会」が、1月26日(日)に開催されます。

    2016年の会場の様子(味の素スタジアム)


    調布市民駅伝競走大会の第1回目は、1957年に14チームが参加して行なわれました。
    スタートが第一小学校で、甲州街道もコースとなっていたそうです。
    2012年までは、調布市役所前をスタートし布田小学校の校庭を中継所に、品川通り、桜堤通りなどを走る周回コースで行われていました。
    2013年の第57回大会から、会場が「味の素スタジアム・都立武蔵野の森公園特設周回コース」となり、定員が500チームに増えました。
    また、2016年の第60回大会からは、新しく「ミックスの部」が加わり合計6種目となりました。

    今大会は、味の素スタジアム改修工事のため、「味の素スタジアム アミノバイタルフィールド・都立武蔵野の森公園特設周回コース」に変更されています。
    スタート・フィニッシュは味の素スタジアム アミノバイタルフィールドとなります。

    今年は351チームがエントリーしています。
    <参加チーム数>
    一般男子⇒ 113
    一般女子⇒ 28
    中学生男子⇒ 14
    中学生女子⇒ 17
    40歳以上⇒ 82
    ミックス⇒ 97
    ★「ミックスの部」は、女子が2名以上という条件です。
      
    <総合距離> 
    一般男子⇒ 約24km (8km+4km×4)
    一般女子⇒ 約20km (4km×5)
    中学生男子⇒ 約15km (3km×5)
    中学生女子⇒ 約15km (3km×5)
    40歳以上⇒ 約20km (4km×5)
    ミックス⇒ 約15km (3km×5)
    ★各種目それぞれ5区間を走ります。

    <昨年の優勝チームと記録>
    一般男子⇒ 明大明治陸上競技部 1時間24分59秒
    一般女子⇒ 桐朋女子高校ソフト部 1時間26分12秒
    中学生男子⇒ KMC陸上クラブA 53分21秒
    中学生女子⇒ KMC陸上クラブA 1時間01分39秒
    40歳以上⇒ 深走☆松 1時間13分57秒
    ミックス⇒ 深走☆楓 1時間02分33秒

    <大会ゲスト>
    icon16拓殖大学陸上競技部icon16
    箱根駅伝に41回の出場を誇る伝統ある陸上競技部。
    今年のお正月に開催された第96回箱根駅伝では総合13位となりました。
    クラブハウスが西調布にあり、調布市内で練習を行っています。

    <当日のスケジュール>
    8:30 開会式 (アミノバイタルフィールド 特設ステージ)
    9:00 スタート(中学生男子・中学生女子・ミックス)
    10:30 スタート(一般男子・一般女子・40歳以上)
    ※各種目、準備が整い次第表彰式実施(アミノバイタルフィールド 特設ステージ)

    詳しいことは、「調布市民駅伝競走大会」公式HPをご覧ください。
    http://www.chofucity-sports.or.jp/tabid/71/Default.aspx

    2016年の「第60回調布市民駅伝競走大会」の映像はこちらをご覧ください。
    前半のレース(中学生男子・中学生女子・ミックス)
    → http://chofunettv.tamaliver.jp/e419827.html
    後半のレース(一般男子・一般女子・40歳以上)
    → http://chofunettv.tamaliver.jp/e420978.html

    選手の皆さんは、寒い中練習に励んでいることと思います。
    今年も熱戦が繰り広げられることを期待しています。


    (水谷)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 11:21Comments(0)告知

    2019年12月17日

    シネマフェスティバル 上映作品決定

    映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」が、2020年2月14日(金)から3月8日(日)まで開催されます。



    green_right映画のまち調布 シネマフェスティバル」とは?
    映画の作り手にスポットを当てた映画祭です。
    「市民×映画技術者」で選考する「映画のまち調布賞」の授賞式をはじめ、関連した作品上映、トークイベント、展示や講座、ワークショップ等各種イベントを開催します。


    開催に先立ち募集した日本映画人気投票で選ばれた作品の中から、上映する作品が決定しました。
    トークゲストは、2020年1月中旬に発表されます。

    <人気投票作品上映会(トークショー付き予定)>

    3月1日(日)10:30~ 『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION


    ©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokemon ©2019ピカチュウプロジェクト

    3月1日(日)15:30~ 『キングダム


    ©原泰久/集英社 ©2019 映画「キングダム」製作委員会

    3月6日(金)10:30~ 『日日是好日


    ©2018「日日是好日」製作委員会

    3月7日(土)10:30~ 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 


    ©2018映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

    3月7日(土)15:30~ 『翔んで埼玉』 


    ©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

    3月8日(日)10:30~ 『新聞記者


    ©2019「新聞記者」フィルムパートナーズ

    3月8日(日)15:30~ 『アルキメデスの大戦


    ©2019「アルキメデスの大戦」製作委員会


    会場:調布市文化会館たづくり2階 くすのきホール

    映画についての詳しい情報・チケット情報は、調布市文化・コミュニティ振興財団「映画のまち調布 シネマフェスティバル」WEBサイトをご覧ください。
    https://chofucinemafestival.com/#anchor-films


    (水谷)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 18:02Comments(0)告知

    2019年12月01日

    『天空の城ラピュタ』上映決定

    映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」が、2020年2月14日(金)から3月8日(日)まで開催されます。



    green_right映画のまち調布 シネマフェスティバル」とは?
    映画の作り手にスポットを当てた映画祭です。
    「市民×映画技術者」で選考する「映画のまち調布賞」の授賞式をはじめ、関連した作品上映、トークイベント、展示や講座、ワークショップ等各種イベントを開催します。

    その特別企画として、1986年公開のスタジオジブリ制作の劇場版長編アニメーション『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)のスクリーン上映が決定しました。


    「天空の城ラピュタ」 © 1986 Studio Ghibli

    前回のフェスティバルで上映された、スタジオジブリ作品『風の谷のナウシカ』は大好評でした。
    今回も、スタジオジブリ作品のスクリーン上映を期待する多くの声があり、『天空の城ラピュタ』の上映が決定しました。

    <『天空の城ラピュタ』上映について>
    期間: 2020年2月29日(土)~3月8日(日)
    ※上映時間はWEBサイト参照
    会場: イオンシネマ シアタス調布 スクリーン10 ほか(全席指定) 
    料金: 大人・大学生1,100円  小学生~高校生1,000円  幼児900円
    ※各種割引、無料鑑賞券、ACチケットの使用は出来ません
    チケット販売日時: 2019年12月23日(月) e席リザーブ0:15~ 劇場窓口8:00~ 
    チケット購入方法: WEBサイト参照 https://www.aeoncinema.com/cinema/chofu/

    大型スクリーンの高画質映像と臨場感あるサウンドで、不朽の名作をお楽しみください!


    (水谷)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 15:44Comments(0)告知

    2019年11月12日

    調布がいせんウォーク2019

    調布がいせんウォーク2019」開催のお知らせです。



    green_right崖線(がいせん)とは?
    崖地の連なりのことです。
    調布市には、多摩川が10万年以上の歳月をかけて、武蔵野台地を削り取ってできた「国分寺崖線」があります。
    崖の斜面地やその周辺には多くの樹林が残り、緑が連続した自然豊かな場所となっています。

    初冬の一日、調布の国分寺崖線に沿って歩くイベント「調布がいせんウォーク2019」が開催されます。

    開催日: 12月1日(日)
    開催時間: 9:00~14:00
    受付時間: 8:30~10:00
    集合場所: 仙川駅前公園(クイーンズ伊勢丹向い)
    定員: 100人(申込順)
    参加費: 大人300円 小学生100円(保険代含む)

    <コース>
    まんきつコース:深大寺自然広場(カニ山)がゴールの約8km
    こもれびコース:入間町・若葉町の緑地を経て実篤公園までの約3km

    icon32 雨天決行
    icon32 ガイドツアー:定員20人(9:00集合)※まんきつコースのみ
    icon32 持ち物:マイコップ・飲み物 おにぎり など

    調布がいせんウォーク2019」の申込はこちらです。
    ちょうふ環境市民会議HP
    http://chofu-kankyo-shimin.org/?p=12680
    申込期間:11月5日(火)~11月25日(月)
    ※参加希望者が100名になり応募は締め切られました。


    (水谷)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 18:01Comments(0)告知

    2019年11月09日

    ウォークラリーinちょうふ

    調布市レクリエーション研究会主催 「ウォークラリーinちょうふ~調布の街を歩キタロウ~」 開催のお知らせです。



    green_rightウォークラリーとは?
    コマ図」と呼ばれるコース図に従い、原則として1チーム2~5人のグループで、途中にある「チェックポイント」と「観察ゾーン」で出される課題を解決しながら歩くものです。
    隠された規定時間があり、それと実際にかかった時間との差から算出する時間得点と課題得点の合計得点を競います。(一人での参加も可能)

    コマ図


    <コース>
    ショートコース 3km程度で気軽に参加したい方向け
    ロングコース 7km程度でたっぷり楽しみたい方向け

    <受付>
    日時: 11月24日(日)9:00 受付開始
         ショートコース 13:30 受付終了
         ロングコース 11:00 受付終了
         ※事前申し込み不要

    場所: 調布駅前広場(グリーンホール前)
         ※スタート・ゴール地点

    <参加費>
    小学生以上 ひとり100円
    (小学4年生未満は保護者と一緒に参加)

    秋の一日、頭と身体を使ってリフレッシュしてみませんか。


    (水谷)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 21:35Comments(0)告知

    2019年11月06日

    学習支援ボランティア講座~特別編~



    若者の再出発を支えるネット」が主催する「学習支援ボランティア講座~特別編~」のご案内です。

    green_right若者の再出発を支えるネットとは?
    中学を卒業した若者が安心して再出発できる社会を目指して、2013年4月から活動をしている団体です。
    若者の再出発を支えるために、相談窓口の開設、中学校卒業後の進路変更に関する支援、中学生の学習サポートをする若者有志の後方支援などを行っています。

    昨年10月から今年1月にかけて、7回に渡って「学習支援ボランティア講座」が開催されました。
    https://chofunettv.tamaliver.jp/e458843.html

    今回は、第7回に予定されていた湯澤直美さんの講演会について特別編として開催することになりました。
    講題: 母子/父子家庭の現状と私たちに出来ること~ひとり親家庭は社会の試金石~
    講師: 湯澤 直美 さん(立教大学コミュニティ福祉学部 教授)
    日時: 2019年11月16日(土) 14:00~16:00
    会場: 調布市総合福祉センター 2階201~203会議室
    資料代: 300円(ただし、学生は無料)
    定員: 100名(先着順)

    申込など詳しいことは、「若者の再出発を支えるネット」ホームページをご覧ください。
    http://sasaerunet.web.fc2.com/index.html


    (水谷)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 11:48Comments(0)告知

    2019年09月21日

    こどもあそび博覧会2019

    こどもたちお待ちかね「こどもあそび博覧会」開催



    やあやあドリームオールスターズ2019実行委員会」主催の「こどもあそび博覧会」。
    今年で17回目を迎えます。

    green_rightやあやあドリームオールスターズ(YDAS)」とは・・・
    やあやあ」とみんな気軽に
    ドリーム」夢のあるこどもに
    オールスターズ」みんなが主役で
    まとめて、「やあやあドリームオールスターズ」。
    頭文字を取って、「YDAS」です。

    毎年調布の小学校をまわって、こどもたちに新たな体験やあそびを知ってもらうとともに、調布で活躍するいろいろな団体の活動を紹介します。
    こどもと地域のおとなが交流を図れるイベントです。

    遊びや体験はすべて無料!
    たくさんの体験や遊びを通して、楽しい一日を過ごしてください!

    日時: 9月28日(土) 10:00~15:00
    場所: 調布市立北ノ台小学校
    雨天開催・荒天中止
    (校舎内・体育館で使う「うわばき」と「くつぶくろ」を持ってきてください)


    (水谷)   


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:45Comments(0)告知

    2019年09月05日

    調布ジュニア映画塾 作品上映会

    調布ジュニア映画塾」第10期完成作品上映会のお知らせです。



    green_right調布ジュニア映画塾」とは?
    中学生が映画作りの面白さを体験できるワークショップです。
    NPO法人「調布まちづくりの会」が、「映画のまち調布」にふさわしいまちづくり事業として2010年に始め、今年で10年目となります。
    プロの映画監督や技術者の指導を受けながら、脚本、撮影、編集という映画制作の基本を体験します。

    第10期生たちが、夏休みの9日間で短編映画を完成させました。
    中学生たちが熱心に取り組み、楽しんで作り上げた作品をどうぞご覧ください。

    日時: 9月15日(日)13:30~15:30
    場所: 調布市文化会館たづくり 8階映像シアター
    入場無料(先着100名)

    制作過程の全てを記録した「メイキング」も同時上映いたします。
    中学生たちが映画制作に取り組む様子をご覧ください。

    詳しいことは、こちらをご覧ください。
    https://jeiga.tamaliver.jp/e466622.html

    今年のワークショップを紹介する番組「調布ジュニア映画塾2019」です。


    (撮影・編集:水谷)


    (水谷)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:51Comments(0)告知

    2019年08月23日

    調布よさこい2019

    だれもが笑顔にてづくりよさこい 調布の夏の風物詩!!



    調布の夏の風物詩「調布よさこい」が開催されます。
    今回で17回目を迎えます。

    毎年、市内・市外からたくさんのチームが参加し、華やかに繰り広げられます。
    今年は、市内から15チーム、市外から17チーム、全部で32チームが参加。
    老若男女、個性あふれるさまざまなチームです。

    旧甲州街道会場の「流し踊り」のほかに、調布駅前広場会場、グリーンホール会場、ハッピーまつり会場でも「よさこい踊り」を見て楽しむことができます。
    今年は駅前でも流し踊りを行うそうです。
    旧甲州街道会場の「総踊り」では、参加チームが集結し、総踊り曲「よっちょれ」を披露します。
    鳴子の配布があり、当日の飛び入り参加大歓迎

    日時: 8月25日(日)
    旧甲州街道会場 調布駅北口~布田駅前(流し踊り) 15:00~16:30
    調布駅前広場会場(定点踊り、流し踊り、パフォーマンス、出店) 11:00~16:40
    グリーンホール会場(定点踊り) 13:00~18:30
    ハッピーまつり会場(定点踊り、パフォーマンス、出店) 10:00~16:40

    タイムスケジュール、会場案内、参加チーム情報など詳しいことは、調布市文化・コミュニティ振興財団の「調布よさこい2019」をご覧ください。
    http://www.chofu-culture-community.org/forms/menutop/menutop.aspx?menu_id=81

    2015年の「調布よさこい2015」の映像は、こちらをご覧ください。
    http://chofunettv.tamaliver.jp/e410435.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 14:58Comments(0)告知

    2019年08月13日

    朗読ワークショップ

    朗読ワークショップのご案内です。



    朗読に興味のある方、また、今まで関心がなかったけどなんだか面白そうと思われた方、ワークショップに参加してみませんか。

    講師は朗読家中村雅子さん。
    青森県ご出身の元福島テレビのアナウンサーで、現在は調布市にお住まいです。
    2002年から朗読を本格的に学び、2009年から朗読の活動を始められました。
    青森県出身ということを活かし、太宰治作品を津軽弁を交えて読むという独自の朗読スタイルを生み出し、全国各地で朗読会を開かれています。
    中村雅子さんのホームページ「中村雅子の太宰語り」をぜひご覧ください。
    https://dazaigatari-nakamura.jimdofree.com/

    今回のワークショップも、テキストは太宰治の「走れメロス」です。

    日時: 8月26日(月)10:00~12:00
    会場: 調布市民プラザあくろす 3階和室
    参加費: 1,000円(テキスト代込み)
    持ち物: 筆記用具 飲みもの
    *事前に1回読んでおいてください。
    *動きやすい服装でお越しください。

    午後の部(13:00~15:00)は、既に多くの方が予約されて締め切りました。
    午前の部(10:00~12:00)の参加を募集しています。
    お早目に予約・お申込みを
    (チラシでは、「小4~高3⇒10時~12時」となっていますが、大人の方も参加できます)

    申込:
    icon30 aromasakon@gmail.com
    ☎ 090-1606-9822 (中村さん)


    (ゆ)
      


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:57Comments(0)告知

    2019年07月14日

    参議院議員選挙

    7月21日は「参議院議員選挙」の投票日です。



    「選挙とは、有権者と、候補者あるいは政党とのコミュニケーションの最大の機会」と言えます。
    私たち有権者は、どの候補者あるいは政党がこれからの日本のことを真剣に考えているかを、しっかり判断して一票を投じることで、この機会を賢明に行使したいものです。

    投票時間:7:00~20:00


    (ゆ)   


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 19:50Comments(0)告知

    2019年06月07日

    環境活動交流会2019

    ちょうふ環境市民会議」が企画する「環境活動交流会」が、6月14日(金)~6月16日(日)に開催されます。



    yotsubaちょうふ環境市民会議」とは?
    調布市内で環境に関連した活動をしている団体で構成されています。
    調布の環境の保全・回復・人材育成・啓発活動・情報の収集・発信等の活動を行っています。
    「ちょうふ環境市民会議」HP:
    http://chofu-kankyo-shimin.org/

    yotsuba環境活動交流会」とは?
    調布市内で活動している団体が一堂に会して、交流・PRをするイベントです。
    今回で11回目を迎えます。
    今年のテーマは「~ちょうふ再発見~里山のあるまち」。

    <講演会>
    「深・佐須の畑をたがやしたい」~調布の里山保全と都市農業をどう活かすか~
    講師: 大橋南海子さん(㈱まちづくり工房・調布市都市計画審議会会長)
        齋藤瑞枝さん(NPO法人むさしの農業ふれあい村)
    6月16日(日)13:30~15:30
    調布市文化会館たづくり8階 映像シアター

    <交流カフェ>
    blue_right「動くおうちができるまで」 6月14日(金)14:00~ 
    「動くおうち」とは、移動できる電気を自給自足する小さな小屋のことです。
    4月27日に行われた完成お披露目会を取材しました。
    https://chofunettv.tamaliver.jp/e464402.html
    blue_right「プラスチックの行く先は・・・」 6月15日(土)10:00~ 
    blue_right「深・佐須の畑をたがやし隊」 6月15日(土)14:00~ 
    調布市文化会館たづくり11階 みんなの広場

    <展示>
    環境活動団体のパネル展示
    6月14日(金)13:00 ~ 20日(木)16:00
    調布市文化会館たづくり11階 みんなの広場

    自然や環境に少しでも興味がある方はどなたでも参加できます。
    また、やってみたい活動をしている団体を見つけられるかもしれません。
    ぜひ会場に足を運んでみてください。
    入場はすべて無料です。

    問合せ:ちょうふ環境市民会議
    info@chofu-kankyo-shimin.org


    (ゆ)   


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:03Comments(0)告知

    2019年05月26日

    調布ジュニア映画塾2019 募集開始

    調布ジュニア映画塾」が2019年度の募集を開始しました。



    green_right調布ジュニア映画塾」とは?
    中学生が映画作りの面白さを体験できるワークショップです。
    NPO法人「調布まちづくりの会」が、「映画のまち調布」にふさわしいまちづくり事業として2010年に始め、今年で10年目となります。
    プロの映画監督や技術者の指導を受けながら、脚本、撮影、編集という映画制作の基本を体験します。

    映画作りはだれでも取り組める創作活動です。
    映画制作という共同作業の中で創造力や表現力を養うと同時に、仲間と協力し知恵を出し合って、自分たちの映画を作り上げる達成感を味わうことができます。

    申込み締切は6月30日(日)です。
    詳しいことは「調布ジュニア映画塾 第10期生募集」ページをご覧ください。
    https://jeiga.tamaliver.jp/e465030.html


    (ゆ)   


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 11:37Comments(0)告知

    2019年03月23日

    全国自主怪獣映画選手権 東京総合大会

    第14回「全国自主怪獣映画選手権 東京総合大会」が、調布で開催されます。



    特撮界若手のホープ 田口清隆監督がプロデュース。
    全国からアマチュア怪獣映画の最新作が大集結します。

    日時: 3月31日(日) 12:30~20:00
    会場: 調布市文化会館たづくり2階 くすのきホール
    入場料: 1,000円 (チケット引き換え・当日販売は11:30より)

    チケット予約については、「NPO法人 調布シネマクラブ」HPをご覧ください。
    https://choufucinemaclub.tamaliver.jp/e463315.html


    (ゆ)   


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 22:59Comments(0)告知

    2019年02月27日

    映画のまち調布賞

    第1回「映画のまち調布賞」の授賞式が開催されます。



    green_right映画のまち調布賞とは?
    主に映画製作の現場を支える技術者や制作会社などの「映画のつくり手」に贈る賞です。
    映画・映像関連企業が数多く集まる「映画のまち調布」にふさわしい映画賞と言えます。
    調布市内在住、在勤、在学の方 、イオンシネマ シアタス調布(駅前映画館)来場者による人気投票と、経験豊富な映画人による審査で受賞者が決まります。

    投票は、2017年10月1日から2018年9月30日までに国内の商業映画劇場で有料で初公開された日本映画を対象に、2018年4月20日から10月14日の約6か月間に行われ、投票総数は11,168票になりました。

    そして、記念すべき第1回の映画のまち調布賞の受賞者が、次のように決まりました。
    撮影賞 月永 雄太氏 『モリのいる場所』            
    照明賞 長田 達也氏 『空飛ぶタイヤ』            
    録音賞 栗原 和弘氏 『空飛ぶタイヤ』             
    美術賞 安宅 紀史氏 『モリのいる場所』            
    編集賞 穗垣 順之助氏 『ちはやふる -結び-』         
    作品賞 『万引き家族』                   
    功労賞 南 孝二氏 (高津装飾美術株式会社 代表取締役会長)

    各賞の選定理由、受賞者の経歴、受賞コメント、作品の見所や制作過程でのエピソードなどは、「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」の「映画のまち調布賞 受賞者」ページをご覧ください。
    https://chofucinemafestival.com/award

    授賞式は、3月2日(土)17:30からイオン シアタス調布で行われます。
    オープニング上映、トークイベントがあり、大人、大学生は1,100円です。

    「映画のまち調布賞」受賞者に贈られるトロフィーの大きなレプリカが、調布市文化会館たづくり1階ロビーに展示されています。



    実際に贈られるトロフィーの制作は、金属などを使って立体作品を作っている山田元子(はるこ)さん。
    2014年調布市に「街のアトリエ1号室」を開き、子ども教室やクラフト講座なども行っている若きアーティストです。
    このトロフィーは、水、川、フィルムをキーワードにデザインをされたそうです。

    「街のアトリエ1号室」と山田元子さんについては、2015年の番組「こどもあーと教室~街のアトリエ1号室~」をご覧ください。
    https://chofunettv.tamaliver.jp/e408972.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 18:30Comments(0)告知

    2019年02月03日

    調布市民映画塾 上映会

    第12回調布市民映画塾のご案内です。



    主催の「NPO法人調布シネマクラブ」は、「映画のまち調布」を盛り上げるためにさまざまな活動をしている団体です。
    今回の企画は、映画「薄墨の桜」の上映と桜のお話しです。

    green_right映画「薄墨の桜」とは?
    記録映画作家の羽田澄子さんが脚本・編集・監督を務めたドキュメンタリー作品。
    岐阜県の根尾村で出合った樹齢1300年という巨大な桜の木に感銘を受け、岩波映画社員の仕事の合間を縫って撮影し、4年の歳月を費やして完成させました。
    1977年製作、上映時間42分。

    <お話し>
    icon31照井進介さん(神代植物公園 植物多様性センター センター長)
    icon31松元信乃さん(東京都公園協会 研究開発係 主事/樹木医)
    桜の歴史、神代植物公園の桜「神代曙(ジンダイアケボノ)」のお話などをしてくださいます。

    <スケジュール>
    2月9日(土)10:00~11:30 調布市北部公民館 (先着順 定員36名)
    お話し:照井進介さん
    2月23日(土)10:00~11:30 調布市西部公民館 (先着順 定員40名)
    お話し:照井進介さん
    3月10日(日)10:00~11:30 調布市富士見地域福祉センター (先着順 定員50名)
    お話し:松元信乃さん
    3月16日(土)10:00~11:30 調布市染地地域福祉センター (先着順 定員50名)
    お話し:松元信乃さん

    資料代:300円
    お茶・お菓子付き

    blue_right問合せ
    NPO法人調布シネマクラブ
    電話  03-3430-1288
    メール choufu.cinema-club@jcom.zaq.ne.jp


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 18:18Comments(0)告知