たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年10月15日

学習支援ボランティア講座

若者の再出発を支えるネット」が主催する「学習支援ボランティア講座」のご案内です。



green_right若者の再出発を支えるネット」とは?
中学を卒業した若者が安心して再出発できる社会を目指して、2013年4月から活動をしている団体です。
若者の再出発を支えるために、相談窓口の開設、中学校卒業後の進路変更に関する支援、中学生の学習サポートをする若者有志の後方支援などを行っています。

この「若者の再出発を支えるネット」が、10月から1月にかけて、全7回の「学習支援ボランティア講座」を開催します。
日本は世界第3位の経済大国と言われている一方で、貧困が原因で学習が困難な子どもたちがいます。
そのような子どもたちの学習支援のために、知っておきたいこと、忘れてはいけない大切なまなざし、支援の在り方について学ぶ講座です。

10月6日(土)に第1回目が開催されました。



「子どもの貧困とひとり親の現状 安心安全な支援のあり方」について、赤石千衣子さん(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)がお話しくださいました。
ひとり親家庭の厳しい現状や、より良い支援の仕方など、具体的なお話を聞くことができました。

今後の講座の予定です。

第2回 10月27日(土)
講師:西牧たかねさん(調布市子ども若者総合支援事業学習支援コーディネーター)
「貧困の世代間再生産」と学習支援の役割・学習支援で大切にしたいこと・学校との協力について

第3回 11月10日(土)
講師:石井義久さん(児童養護施設第二調布学園 園長) 富永りか(スクールソーシャルワーカー)
子どもたちの理解のために ① 「子どもたちの生い立ち・家庭環境・家族の支援」

第4回 11月24日(土)
講師:山中裕子さん(カウンセリング・ステーション・ユー 代表) 進藤美左(自閉症スペクトラム支援士・調布心身障害児・者親の会 会長)
子どもたちの理解のために ② 「子どもたちの特性(発達障がいなど)の理解・特性に応じた指導法」

第5回 12月15日(土)
実践例の発表と意見交換
学習支援実践にあたって ①  数学「子どもたちはどこでつまずくのか・学習支援実践例」

第6回 1月19日(土)
実践例の発表と意見交換
学習支援実践にあたって ②  英語「子どもたちはどこでつまずくのか・学習支援実践例」

第7回 1月26日(土)
講師:湯澤直美さん(立教大学 コミュニティ福祉学部 教授)
まとめ 「子どもの貧困」と私たちにできること

時間:14:00~16:00
場所:調布市総合福祉センター
資料代:各回300円(学生は無料)
定員:第2回~第6回は50名 第7回は100名

申込など詳しいことは、「若者の再出発を支えるネット」ホームページをご覧ください。
http://sasaerunet.web.fc2.com/index.html


(ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 08:30Comments(0)告知

    2018年09月19日

    彼岸花2018

    秋のお彼岸が近づいてきました。
    お彼岸の期間は、秋分の日9月23日を中日として前後3日間を合わせた7日間なので、9月20日が彼岸入りです。

    今年も既に彼岸花が咲き始めました。
    多摩川の土手に彼岸花が群生しているところがあり、遊歩道を通る方たちの目を楽しませています。

    土手の道路側





    土手の河川敷側





    「染地通り」が多摩川に突き当たった付近の土手のところどころに群生しています。


    (調布市観光マップより)


    昨年は、染地にある農家の梅林に群生している彼岸花を撮影し番組にしました。(2分14秒)
    こちらもどうぞご覧ください。
    http://chofunettv.tamaliver.jp/e445377.html


    (ゆ)
      


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 10:56Comments(0)取材

    2018年09月10日

    調布ジュニア映画塾 作品上映会

    調布ジュニア映画塾」第9期完成作品上映会のお知らせです。



    green_right調布ジュニア映画塾」とは?
    中学生が映画作りの面白さを体験できるワークショップです。
    NPO法人「調布まちづくりの会」が、「映画のまち調布」にふさわしいまちづくり事業として2010年に始め、今年で9年目となります。
    プロの映画監督や技術者の指導を受けながら、脚本、撮影、編集という映画制作の基本を体験します。

    第9期生たちが、夏休みの8日間で短編映画を完成させました。
    中学生たちが熱心に取り組み、楽しんで作り上げた作品をどうぞご覧ください。

    日時: 9月16日(日)13:30~15:30
    場所: 調布市文化会館たづくり 8階映像シアター
    入場無料(先着100名)

    制作過程の全てを記録した「メイキング」も同時上映いたします。
    中学生たちが映画制作に取り組む様子をご覧ください。

    詳しいことは、こちらをご覧ください。
    http://jeiga.tamaliver.jp/e456323.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 11:12Comments(0)告知

    2018年09月06日

    山田元子展~トントン つくる からだ ドキドキ~

    山田元子さんの作品展示会のご案内です。



    green_rightアーティスト 山田元子(はるこ)さんは・・・
    1981年、茨城県つくば市生まれ。調布市在住。
    「身体(からだ)のしくみのおもしろさ」をテーマに、金属や木材、大理石など様々な素材で立体作品を制作。
    2014年調布市に「街のアトリエ1号室」開設。
    子どもから大人までモノ作りを体験できる場として、いろいろな講座を開いています。

    今回の展示会では、新作の体験型作品や人体のパーツや臓器をモチーフとした作品を展示します。
    また、作品制作の軌跡や作品が生まれる過程を追うことができるような展示もあり、作家が身体で味わった感覚を想像する楽しみもあるそうです。

    会期: 9月8日(土)~10月21日(日) 10:00~18:00
         ※9月25日(火)~9月28日(金)は休館日
    会場: 調布市文化会館たづくり1階 展示室
    入場料 無料

    ギャラリートークやワークショップも行われます。
    詳しいことは、 調布市文化・コミュニティ振興財団「山田元子展」をご覧ください。
    https://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=10188

    「街のアトリエ1号室」を開設して1年経った2015年5月に、山田元子さんと「こどもあーと教室」を紹介する番組を作りました。
    どうぞご覧ください。

    こどもあーと教室~街のアトリエ1号室~」(2015年7月)
    http://chofunettv.tamaliver.jp/e408972.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 16:16Comments(0)告知

    2018年09月05日

    こどもあそび博覧会

    こどもたちお待ちかね「こどもあそび博覧会」開催



    やあやあドリームオールスターズ2018実行委員会」主催の「こどもあそび博覧会」。
    今年で16回目を迎えます。

    green_rightやあやあドリームオールスターズ(YDAS)」とは・・・
    やあやあ」とみんな気軽に
    ドリーム」夢のあるこどもに
    オールスターズ」みんなが主役で
    まとめて、「やあやあドリームオールスターズ」。
    頭文字を取って、「YDAS」です。

    毎年調布の小学校をまわって、こどもたちに新たな体験やあそびを知ってもらうとともに、調布で活躍するいろいろな団体の活動を紹介します。
    こどもと地域のおとなが交流を図れるイベントです。

    子ども大工さんになって、家の骨組みを組み立てて「棟上げ式」をやろう!
    クレヨンで描いた絵を、パソコンで動かそう!
    バルーンでいろんなものを作って遊ぼう!
    点字で名刺を作ろう!盲導犬にも会えるよ!
    などなど、約40の団体が楽しいイベントを企画しています。

    日時: 9月15日(土) 10:00~15:00
    場所: 調布市立第二小学校
    入場無料 雨天決行
    (校舎内・体育館で使う「うわばき」と「くつぶくろ」を持ってきてください)


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 11:52Comments(0)告知

    2018年09月02日

    セプテンバーコンサートJP 2018 in 調布

    9月と言えば、「セプテンバーコンサート」!
    調布で開かれる「セプテンバーコンサート」も10回目を迎えます。



    green_right「セプテンバーコンサート」とは?
    「世界の平和を祈りながら街中を音楽で満たそう!」 という趣旨のもと、世界17カ国で9月に同時開催されている「平和祈念コンサート」です。
    2001年の同時多発テロをきっかけに2002年ニューヨークで始まり、日本では2005年から開催され、全国各地に広がっています。
    調布では2009年から始まりました。

    日時: 9月8日(土)12:00~
    会場: 調布駅前広場
    入場無料

    「セプテンバーコンサートJP 調布支部」を発足し運営をしている「Handbell Duo♪BellyLove」を始め、主に調布市で活躍しているアーティスト11組が出演します。
    平和への想いを音に託したアーティスト とスタッフによる「参加型市民コンサート」を、どうぞお楽しみください!

    yotsuba出演
    poco a poco(ヴォーカル&ギター)
    昭和食堂(歌バン)
    田中拓実(ギター)
    MECP事務局(クラシック)
    こんぱるーず(リトルバンド)
    調布市青少年吹奏楽団(吹奏楽)
    アロマティック(ヴォーカル&ギター)
    Handbell Duo♪Belly Love(ハンドベル)
    小島町JAZZ倶楽部(ジャズバンド)
    小川銀士&NORIKOwith愛のうた(ジャズバンド)
    COCORO*CO(ゴスペル)


    また、「調布キッチンカー倶楽部」として、調布で移動販売をしているメンバーが出店します。
    できたてのおいしいフードも楽しめますよ!


    2013年に深大寺で開催されたコンサートの模様はこちらです。
    → http://chofunettv.tamaliver.jp/e363249.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 15:14Comments(0)告知

    2018年08月21日

    調布よさこい2018

    だれもが笑顔に! てづくりよさこい 調布の夏の風物詩!!



    調布の夏の風物詩「調布よさこい」が開催されます。
    今回で16回目を迎えます。

    毎年、市内・市外からたくさんのチームが参加し、華やかに繰り広げられます。
    今年は、市内から16チーム、市外から11チーム、全部で27チームが参加。
    老若男女、個性あふれるさまざまなチームです。

    布多天神社会場、ハッピーまつり会場、グリーンホール会場では「定点踊り」を、旧甲州街道会場では「流し踊り」を見て楽しむことができます。
    また、旧甲州街道会場とグリーンホール会場では「総踊り」があり、観客の方、地元の方、踊り手が一緒に踊って楽しむことができます。

    日時: 8月26日(日)
    会場:
    旧甲州街道 調布駅北口~布田駅前(流し踊り) 13:30~17:00
    上布田ご縁の市会場(出店) 11:00~16:30
    ハッピーまつり会場(出店、定点踊り、イベント) 10:00~17:00
    蓮慶寺前参道会場(出店) 11:00~16:30
    布多天神社会場(出店、定点踊り) 11:00~16:00
    グリーンホール会場(定点踊り、イベント) 11:00~18:30
    調布駅前広場(出店、定点踊り) 11:00~16:30

    観光フェスティバルと同時開催。
    11:00~18:00 調布駅前広場、トリエ京王調布B館南北道路ほか

    タイムスケジュール、会場案内、参加チーム情報など詳しいことは、調布市文化・コミュニティ振興財団の「調布よさこい2018」をご覧ください。
    http://www.chofu-culture-community.org/forms/menutop/menutop.aspx?menu_id=81

    2015年の「調布よさこい2015」の映像は、こちらをご覧ください。
    http://chofunettv.tamaliver.jp/e410435.html


    (ゆ)   


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 19:31Comments(0)告知

    2018年07月24日

    「ガラスのうさぎ」~調布市平和祈念事業 映画上映会~

    毎年、この時季に実施される「調布市平和祈念事業 映画上映会」。
    「調布市非核平和都市宣言35周年記念」の今年は、「ガラスのうさぎ」を上映します。



    高木敏子さんがご自身の体験をもとに執筆した作品を映画化したもの。
    太平洋戦争末期、アメリカ軍による焼夷弾を用いた大規模な戦略爆撃「東京大空襲」で、父が営むガラス工場と家、母と2人の妹を失う。
    焼け跡から、炎で溶けて変形したガラスのうさぎを掘り出す。それは、父が作ったうさぎの置物で、妹たちと一緒に見ながら遊んだものだった・・・

    1979年制作、上映時間1時間45分。
    原作: 高木敏子「ガラスのうさぎ」
    脚本: 立原りゅう
    監督: 橘 佑典
    キャスト: 蛯名由紀子 長門裕之 長山藍子 大和田獏 ハナ肇 他

    戦争が終わって、まもなく73年になります。
    実際に戦争を体験した方たちが少なくなっていき、戦争の悲劇が忘れられてしまうかもしれません。
    今こそ、戦争を知らない世代も、多くの方たちが犠牲になった戦争に目を向け、平和の尊さについて考えなければと思います。

    上映日時:
    8月4日(土)
    ① 10:30~
    ② 14:00~
      上映後16:00~ 記念講演(早乙女勝元氏:作家、東京大空襲・戦災資料センター館長)
    ③ 18:30~

    上映会場:
    調布市文化会館たづくり2階くすのきホール

    チケット:
    小中高生・・・前売り・当日300円
    一般・・・前売り500円 当日700円

    チケット販売場所:
    調布市グリーンホールチケットサービス
    調布市文化会館たづくり1階インフォメーション
    (窓口販売のみ)

    主催: 「ガラスのうさぎ」上映実行委員会
    共催: 調布市

    問合せ: 庄司さん ℡ 090-9011-6775


    (ゆ)   


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:10Comments(0)告知

    2018年06月21日

    環境活動交流会2018

    ちょうふ環境市民会議」が企画する「環境活動交流会」が、6月29日(金)~7月1日(日)に開催されます。



    yotsubaちょうふ環境市民会議」とは?
    調布市内で環境に関連した活動をしている団体で構成されています。
    調布の環境の保全・回復・人材育成・啓発活動・情報の収集・発信等の活動を行っています。
    「ちょうふ環境市民会議」HP:
    http://chofu-kankyo-shimin.org/

    yotsuba環境活動交流会」とは?
    調布市内で活動している団体が一堂に会して、交流・PRをするイベントです。
    今回で10回目を迎えます。
    今年のテーマは「ちょうふ再発見―自然とまち」。

    <ワークショップ>
    「調布の里山を、たのしむ・つくる・いかす」
    鉄矢悦朗氏(東京学芸大学教員・調布市まちづくり審査会委員)をコーディネーターに、調布の里山の魅力や保全について考えます。
    6月30日(土) 14:00~16:00

    <交流カフェ>
    「話そう。あんなこと・こんなこと」
    調布の自然再発見をテーマに、里山の活用や崖線樹林地の生物多様性について自由に意見交換をします。
    6月29日(金)
     14:00~
     川の生き物についての予定
    7月1日(日)
     10:00~
     「深大寺・佐須地域の活用」
     14:00~ 「入間緑地の蝶はスゴイ!生物多様性についても話そう」
    (各回1時間半程度)

    <展示>
    blue_right「こんなところもあったの?自然調布百景」
    Instagramフォトコンテスト。
    会場にいらした方たちの投票で大賞が決まります。
    blue_right「うちの団体ではこれが自慢!」
    調布の環境に関する活動をしている団体をパネルで展示紹介します。
    blue_right「知ってる?こんな場所」
    各団体が活動をしている場所がわかる、参加型展示です。
    6月29日(金) 13:00~18:00
    6月30日(土) 10:00~18:00
    7月1日(日)  10:00~17:00
      

    会場:調布市文化会館たづくり2階 南ギャラリー
    参加費:無料

    自然や環境に少しでも興味がある方はどなたでも参加できます。
    また、やってみたい活動をしている団体を見つけられるかもしれません。
    ぜひ会場に足を運んでみてください。

    問合せ:ちょうふ環境市民会議
    info@chofu-kankyo-shimin.org


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 10:13Comments(0)告知

    2018年06月11日

    生まれ変わった 仙川駅前地図看板

    仙川駅前の地図看板が、今年4月にリニューアルされました。



    地域で活動している方たちが協働することで完成しました。
    どんな方たちがどのように関わって完成したのか、取材し番組にまとめました。
    (撮影・編集:水谷)

      


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 16:09Comments(0)映像