たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年10月25日

ホームムービーの日~調布2017上映会~

調布の「ホームムービーの日」上映会のご紹介です。



blue_rightホームムービーの日」とは?
子どもの成長記録、地元のお祭り、ちょっと恥ずかしい学生時代の自主映画など、地域や家庭に眠る映画フィルムを内容を問わず持ち寄って上映する国際的な記念日として、世界17カ国100都市で祝われています。
日本では、初年度の2003年から「映画保存協会」が普及に努め、10年目の2012年には、国内19会場にまで広まりました。
「ホームムービーの日 Home Movie Day-HMD」の詳細については、こちらをご覧ください。
http://filmpres.org/project/hmd/

green_rightホームムービーの日 調布2017上映会
調布市郷土博物館の主催で開催。
<上映予定映像>
yotsuba昭和の家族旅行や七五三等の8ミリフィルム
8ミリフィルムに記録された1950年代から70年代ごろの調布の風景や市民の暮らしの映像は、その当時を知る者にとっては懐かしい気持ちを、若い人たちには新鮮な驚きを感じさせてくれることでしょう。
yotsuba調布市制作記録映画「私たちの見たオリンピック」(1964年作品)
調布市民が、1964年の東京オリンピックにどのように関わったかを知ることができる大変貴重な映像です。

8ミリ等の小型映画に関する機材や資料の展示もあります。

日時: 10月29日(日) 14:00~16:00 (開場13:00)
会場: 調布市教育会館 301研修室
定員: 40名(当日先着順)
参加費: 無料
問合せ: 調布市郷土博物館
電話 042-481-7656
メール hmdchofu@gmail.com


(ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 08:00Comments(0)告知

    2017年10月22日

    深大寺声明の会

    「第5回 深大寺声明の会」のご紹介です。



    深大寺の白鳳仏(銅造釈迦如来倚像)が、今年国宝に指定されました。

    白鳳仏は、7世紀後半ないし末の飛鳥時代後期(美術史上の区分では白鳳時代)につくられたと推定されています。
    深大寺は、それから半世紀ほど経った奈良時代の天平5(733)年に、満功上人(まんくうしょうにん)によって開創されたと伝わっています。
    従って、白鳳仏は、深大寺の開創より前に、文化の中心であった畿内地域で製作され、その後、深大寺の本尊として迎えられたとのではと考えられています。

    白鳳仏が国宝となったことをお祝いして、「国宝指定慶賛法会」が深大寺で開かれます。
    声明とオンド・マルトノの演奏です。

    green_rightオンド・マルトノとは?
    第一次世界大戦中に、フランス軍の若き音楽家にして電気技師モリス・マルトノが、通信機の三極真空管の音に着目し、その後10年以上の研究期間を経て完成させた楽器で、電子楽器の一種です。



    電子ピアノのような鍵盤、弦を張ったギターのような形状のスピーカー、小ぶりな金属板の銅鑼(どら)を組み込んだ六角形のスピーカーと、不思議な形状の電子楽器。
    その音色も不思議で、柔らかい滑らかな響きは人々の心身を癒やしてくれます。

    オンド・マルトノを演奏されるのは原田節(たかし)さん。
    世界的に活躍されているオンド・マルトノ奏者ですが、実は、映画やCMでも数多く演奏されています。
    今回演奏される作品「白鳳讃」の作曲もされています。

    日時:10月29日(日) 15:30 開演
    会場:深大寺 本堂
    香華料:1,000円
    定員:200名
    予約申込:深大寺 TEL 042-486-5511


    声明については、番組「深大寺 声明~ヨーロッパ公演~」(2015年8月)で、公演出発前の公開リハーサルの模様をご覧いただけます。
    http://chofunettv.tamaliver.jp/e410436.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 19:00Comments(0)告知

    2017年10月21日

    衆議院議員選挙

    10月22日は「衆議院議員選挙」の投票日です。



    「選挙とは、有権者と、候補者あるいは政党とのコミュニケーションの最大の機会」と言えます。
    私たち有権者は、じっくり考えて一票を投じることで、この機会を賢明に行使したいものです。


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 08:00Comments(0)告知

    2017年10月06日

    調布市民映画塾 上映会

    第11回調布市民映画塾のご案内です。



    主催の「NPO法人調布シネマクラブ」は、「映画のまち調布」を盛り上げるためにさまざまな活動をしている団体です。
    今回の企画は、無声映画「メトロポリス」(116分 活動写真弁士とキーボードの生演奏付)の上映です。
    活動写真弁士:佐々木亜希子さん  キーボードの生演奏:永田雅代さん

    green_right映画「メトロポリス」とは?
    1926年製作、1927年公開のモノクロサイレント映画で、監督はフリッツ・ラング(ドイツ)。
    製作時から100年後のディストピア未来都市を描いたこの映画は、SF映画黎明期の傑作とされているそうです。

    blue_right活動写真弁士 佐々木亜希子さん
    NHK山形放送局で夕方のニュース番組などを担当。
    フリーになってから、女性活動弁士・澤登翠の門下生となり、2000年12月、東京キネマクラブで活動弁士としてデビュー。
    現在、バリアフリー映画の普及活動を積極的に行っています。

    日時:10月9日(月・祝) 14:00~16:00
    会場:調布市文化会館たづくり12階 大会議場
    会費:1,800円 (パンフレット付)
    (定員200名 全席自由)

    申込み等はこちらをご覧ください。
    http://choufucinemaclub.tamaliver.jp/e443882.html


    (ゆ)
      


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 08:00Comments(0)告知

    2017年10月03日

    ふくろい市民映画製作プロジェクト 映画「MagicTown」上映会

    映画作りに挑戦する静岡県袋井市の子どもたちを描いたドキュメンタリー映画上映会のご紹介です。



    袋井市では、夏休みの子どもたちの体験学習の一環として、同市出身の池田千尋監督の指導で、映画作りのワークショップを実施してきました。
    2016年のワークショップで「袋井市をPRする映画をつくること」というテーマに挑戦した54人の子どもたちの一生懸命な姿を追いかけたのが、ドキュメンタリー映画「Magic Town」です。

    袋井市は、調布市の姉妹都市である長野県木島平村と友好関係都市協定を結んでいます。
    その関係で交流が生まれ、8月の「調布観光フェスティバル」では「Magic Town」のPRで出店もしました。
    また、調布市と同じラグビーワールドカップの開催地でもあります。

    そして、今回、「映画のまち調布」で「Magic Town」が上映されることになりました

    日時:10月8日(日) 18:00~
    場所:文化会館たづくり12階大会議場
    無料 当日先着150人

    上映後、19:15から、池田千尋監督と本広克行監督による対談があります。
    また、20:00からは、両監督のサインなどが当たる抽選会もあるそうです。

    ふくろい市民映画製作プロジェクト「映画をつくろう」
    → http://fukuroi-magictown.com/


    green_right調布市では、2010年から、中学生対象の映画制作ワークショップ「調布ジュニア映画塾」を夏休みに開講しています。
    今年も、第8期生が映画作りに取り組み、9月17日に塾生の作品とメイキングの上映会が開かれました。
    → http://jeiga.tamaliver.jp/


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 08:00Comments(0)告知

    2017年10月01日

    調布多摩川名月祭

    秋(七月、八月、九月)の真ん中の日「中秋」・・・
    今年は、10月4日が旧暦の「中秋」(八月十五日)にあたります。
    中秋の月は必ずしも満月とは限りません。
    今年は、翌々日の10月6日が満月で、中秋の名月と満月の日付が2日ずれています。
    でも、満月前後の月はとても明るく、満月と遜色のない美しい月を楽しむことができることと思います。
    次回、中秋の月が満月になるのは4年後、東京オリンピックの翌年2021年になります。

    多摩川の堤防で開かれる「調布多摩川名月祭」のご案内です。
    今年で10回目となります。



    歌、楽器演奏などのミニコンサートが開かれます。
    お子さんには、先着100名にお団子とジュースが配られます。

    日時: 10月4日(水) 16:00~18:00
    場所: 多摩川堤防 電通大グランド南
    入場無料

    月を愛でながら、広々とした多摩川の堤防で開かれる「十五夜のお祭り」をお楽しみください。

    2013年は、穏やかに晴れ渡った夜空にまんまるお月さまが昇りました。
    その時の「多摩川名月祭」の模様はこちらでご覧ください。
     → http://chofunettv.tamaliver.jp/e365709.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:36Comments(0)告知

    2017年09月20日

    こどもあそび博覧会

    こどもたちお待ちかね「こどもあそび博覧会」のご案内です。



    「やあやあドリームオールスターズ2017実行委員会」主催の「こどもあそび博覧会」。
    今年で15回目を迎えます。

    green_rightやあやあドリームオールスターズ(YDAS)」とは・・・
    やあやあ」とみんな気軽に
    ドリーム」夢のあるこどもに
    オールスターズ」みんなが主役で
    まとめて、「やあやあドリームオールスターズ」。
    頭文字を取って、「YDAS」です。

    毎年調布の小学校をまわって、こどもたちに新たな体験やあそびを知ってもらうとともに、調布で活躍するいろいろな団体の活動を紹介します。
    こどもと地域のおとなが交流を図れるイベントです。
    今年は、杉森小学校での開催です。

    日時: 9月24日(日) 10:00~15:00
    入場無料 雨天決行
    (校舎内・体育館で使う「うわばき」と「くつぶくろ」を持ってきてください)


    icon40 「ちょうふネットテレビ」は「面白写真で遊ぼう!」というブースを出します。


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 16:14Comments(0)告知

    2017年09月16日

    調布ジュニア映画塾 作品上映会

    調布ジュニア映画塾」第8期完成作品上映会のお知らせです。



    green_right調布ジュニア映画塾」とは?
    中学生が映画作りの面白さを体験できるワークショップです。
    NPO法人「調布まちづくりの会」が、「映画のまち調布」にふさわしいまちづくり事業として2010年に始め、今年で8年目となります。
    プロの映画監督や技術者の指導を受けながら、脚本、撮影、編集という映画制作の基本を体験します。

    第8期生たちが、夏休みの8日間で短編映画を完成させました。
    中学生たちが熱心に取り組み、楽しんで作り上げた作品をどうぞご覧ください。

    日時: 9月17日(日)13:30~15:30
    場所: 調布市文化会館たづくり 8階映像シアター
    入場無料(先着100名)

    制作過程の全てを記録した「メイキング」も同時上映いたします。
    中学生たちが映画制作に取り組む様子をご覧ください。

    詳しいことは、こちらをご覧ください。
    http://jeiga.tamaliver.jp/e441560.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 12:00Comments(0)告知

    2017年09月11日

    セプテンバーコンサートJP 2017 in 調布

    9月と言えば、「セプテンバーコンサート」!
    調布で開かれる「セプテンバーコンサート」も9回目を迎えます。



    green_rightセプテンバーコンサート」とは?
    「世界の平和を祈りながら街中を音楽で満たそう!」 という趣旨のもと、世界17カ国で9月に同時開催されている「平和祈念コンサート」です。
    2001年の同時多発テロをきっかけに2002年ニューヨークで始まり、日本では2005年から開催され、全国各地に広がっています。
    調布では2009年から始まりました。

    日時: 9月16日(土)12:00~
    会場: 調布駅前広場
    入場無料

    「セプテンバーコンサートJP 調布支部」を発足し運営をしている「Handbell Duo♪BellyLove」を始め、主に調布市で活躍しているアーティスト9組が出演します。
    平和への想いを音に託したアーティスト とスタッフによる「参加型市民コンサート」を、どうぞお楽しみください!

    yotsuba出演
    アロマティック (ヴォーカル&ギター)
    田中拓実 (ギター)
    昭和食堂 (歌バン)
    コンパルーズ (ジャズバンド)
    Handbell Duo♪Belly Love (ハンドベル)
    MECP事務局 (クラシック)
    小島町JAZZ倶楽部 (ジャズバンド)
    小川銀士&NORIKOwith愛の歌 (ジャズバンド)
    9コンバンド (合同バンド)

    また、「調布キッチンカー倶楽部」として、調布で移動販売をしているメンバーが出店します。
    できたてのおいしいフードも楽しめますよ!


    2013年に深大寺で開催されたコンサートの模様はこちらです。
    → http://chofunettv.tamaliver.jp/e363249.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 16:00Comments(0)告知

    2017年09月08日

    調布市民映画塾 上映会

    第10回調布市民映画塾のご案内です。



    主催の「NPO法人調布シネマクラブ」は、「映画のまち調布」を盛り上げるためにさまざまな活動をしている団体です。
    今回の企画は、映画「赤西蠣太(あかにしかきた)」の上映とイリス・ハウカンプ先生の講演です。


    green_right映画「赤西蠣太」とは?

    1936年、片岡千恵蔵プロダクションが製作。
    江戸時代の伊達騒動を題材にした志賀直哉の短編小説を、伊丹万作が監督・脚本した時代劇コメディー。
    片岡千恵蔵が醜男と美男の二役を演じ分けます。


    blue_rightイリス・ハウカンプ先生

    イギリスのロンドン大学アジア・アフリカ研究学院(SOAS)で日本映画を研究し、2015年にメディア・映画研究の博士号(Ph.D.)を取得。
    アジア・アフリカ研究教育コンソーシアム(CAAS)のプログラムで、2015年から特別招へい講師として、東京外語大学 大学院国際日本学研究院に籍を置き、映画研究と日本映画史についての授業を受け持っています。
    1920年代から50年代が主な研究領域で、特に映画監督の伊丹万作に注目しています。

    東京外語大学の教員インタビューでは、次のように語っています。
    「この映画が公開された1936年は、ちょうど満州事変を経て、軍部が中国での戦線拡大を画策していた頃。映画では、そんな軍国主義への批判ともとれるシーンも見られます。映画というのは、当時の社会世相を反映すると同時に、それに対する製作者の考えや意図を読み取ることができます。戦時中の映画を研究することで、人々がいかに戦時を生き抜いたのか、また戦時下のメディアの役割とはどのようなものだったのかを探ることが私の研究テーマでもあります。」


    日時:9月11日(月) 13:30~15:50
    (講演 13:30~ 映画上映 14:30~)
    会場:調布市文化会館たづくり8階 映像シアター
    会費:1,000円 (定員100名 全席自由)

    申込み等はこちらをご覧ください。
    http://choufucinemaclub.tamaliver.jp/e442717.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 19:27Comments(0)告知

    2017年08月23日

    調布よさこい2017

    だれもが笑顔に!てづくりよさこい



    調布の夏の風物詩「調布よさこい」が開催されます。
    今回で15回目を迎えます。

    毎年、市内・市外からたくさんのチームが参加し、華やかに繰り広げられます。
    今年は、市内から15チーム、市外から14チーム、全部で29チームが参加。
    老若男女、個性あふれるさまざまなチームです。

    布多天神社会場、ハッピーまつり会場、グリーンホール会場では「定点踊り」を、旧甲州街道会場では「流し踊り」を見て楽しむことができます。
    また、旧甲州街道会場とグリーンホール会場では「総踊り」があり、観客の方、地元の方、踊り手が一緒に踊って楽しむこともできます。

    日時: 8月27日(日)
    会場:
    旧甲州街道 調布駅北口~布田駅前(流し踊り) 13:15~17:00
    上布田ご縁の市会場(出店) 11:00~17:00
    ハッピーまつり会場(出店、定点踊り、イベント) 10:00~17:00
    本部・蓮慶寺前参道会場(出店) 11:00~17:00
    布多天神社会場(出店、定点踊り) 11:00~17:00
    グリーンホール会場(定点踊り、イベント) 11:00~18:30
    調布駅前広場(よさこいPRゾーン) 11:00~16:00

    今年は、「観光フェスティバル」と同時開催。
    11:00~16:00 調布市役所前庭等

    タイムスケジュール、会場案内、参加チーム情報など詳しいことは、調布市文化・コミュニティ振興財団の「調布よさこい2017」をご覧ください。
    http://www.chofu-culture-community.org/forms/menutop/menutop.aspx?menu_id=81

    一昨年の「調布よさこい2015」の映像は、こちらをご覧ください。
    http://chofunettv.tamaliver.jp/e410435.html


    (ゆ)   


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:15Comments(0)告知

    2017年07月31日

    「少年H」上映会

    調布市平和祈念事業としての映画上映会の紹介です。



    上映される映画は、2013年に公開された「少年H」です。

    原作: 妹尾河童
    監督: 降旗康男
    脚本: 古沢良太
    キャスト: 水谷豊、伊藤蘭 他

    作家・妹尾河童の自伝的小説を降旗康男監督が映画化。
    戦前から戦後までの神戸を舞台に、軍国化や戦争という暗い時代の影をはねつけながら生きる家族の姿を見つめていきます。
    実際に夫婦でもある水谷豊と伊藤蘭が、少年Hの父母役で共演しています。

    上映日時: 8月5日(土)
    ① 10:30~
    ② 14:00~ 上映後、降旗康男監督の講演を予定
    ③ 18:30~

    上映会場:
    調布市文化会館たづくり2階くすのきホール

    チケット:
    小中高生・・・前売り・当日300円
    一般・・・前売り500円 当日700円

    チケット販売場所:
    調布市グリーンホールチケットサービス
    文化会館たづくり1階インフォメーション
    (窓口販売のみ)

    主催: 「少年H」上映実行委員会


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:47Comments(0)告知

    2017年07月19日

    「調布で撮る!短編映画」授賞式

    第2回「調布で撮る!短編映画」授賞式のご案内です。



    主催の「NPO法人調布シネマクラブ」は、「映画のまち調布」を盛り上げるためにさまざまな活動をしている団体です。

    「調布で撮る!短編映画」は、意欲ある若手映画監督に、「映画のまち調布」を題材にした作品を作ってもらおうという企画です。今年で2回目。
    作品のテーマは自由。ドラマ、ドキュメンタリー、特撮や実験映画など、調布が1シーンでも映っていればOKだそうです。

    5月末までに応募された作品の審査が終わり、いよいよ結果が発表されます。
    最終審査員は、星野秀樹さん(プロデューサー)と津島令子さん(映画コメンテーター)です。授賞式で講評をしてくださいます。

    日時:7月30日(日)13:15~16:00
    会場:調布市文化会館たづくり8階 映像シアター

    受賞作品の上映、審査員の講評、各受賞者の挨拶があります。
    入場は無料です。一般の方もぜひお越しください。

    詳しいことは「調布シネマクラブ」ブログをご覧ください。
    → http://choufucinemaclub.tamaliver.jp/


    (ゆ)

      


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 18:16Comments(0)告知

    2017年06月28日

    調布バウム「一緒に学ぼう、話そう、創ろう、調布の広場」

    「大人が楽しめる場づくり」を目指す「調布バウム」。
    大人が楽しめるイベントを開催すること、地域の場づくりについて考えること、場づくりをしたい人をサポートすることに取り組んでいます。


    「調布バウム」の第3回イベントのご案内です。

    <内容>

    一緒に学ぼう、話そう、創ろう、調布の広場
    現在工事が進んでいる調布駅前広場について、完成予想図で提示されたものを受け入れるだけで良いのか皆で考えます。

    講師は、建築家・木工家・緑地コンサルタントで一般社団法人「街の木ものづくりネットワーク」代表の湧口善之さん。まちづくりやものづくり、経済、社会問題を織り込んだ都市緑地のあり方づくりに取り組んでおられます。
    昨年、街の樹木のことをもっとよく知って理解を深め、街の木のあり方を考えようというワークショップを2回開催しました。第2回目ワークショップ「“樹木カルテ”をみんなで作ろう!~マチモノ広場プロジェクト~」を取材し、番組にしました。
    http://chofunettv.tamaliver.jp/e434386.html

    今回のイベントでは、広場について学び、考え、参加者全員でディスカッションを行いながら、前半は広場のしつらえというハードウェア的な側面に光を当て、後半は広場の活用などソフトウェア的な側面から掘り下げていくそうです。


    日時:6月30日(金) 18:00~21:00
    会場:調布市市民プラザあくろす2階 会議室1
    参加費:1,000円(茶菓付)

    green_right「調布バウム」参加申し込みフォームで申し込んでください。
    第3回調布バウムイベントページ→
    https://chofubaum.org/chofubaum2017-06-30-5bc9a3b510b6




      


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:09Comments(0)告知

    2017年06月19日

    「おせっかい広場」活動開始!

    調布市の東部地域(緑ヶ丘・仙川)で、地域福祉活動「おせっかい広場」が始まりました。

    green_rightおせっかい広場」とは?
    「調布市地域福祉活動計画」推進のため、住民と福祉関係団体などが相互協力して始めた、住民主体の地域福祉活動です。
    子どもが安心して遊べる場所を作る取り組みを通して、地域の人たちが出会い、自然と子どもに関わり見守ることができる地域にしていくことを目標としています。

    「おせっかい広場」活動のキックオフイベント「大・大・大オセロ大会」が開催されます。



    小学校校庭で、巨大オセロ(10m×10mの盤)を楽しめます!
    けん玉、ベーゴマ、なわとびなど、みんなで遊べます!
    ミニパンケーキももらえます!(チラシの引換券が必要)

    日時:6月24日(土)13:30~16:00
    場所:緑ヶ丘小学校校庭(雨天時は体育館)
    参加費:無料(だれでも参加できます)


    (ゆ)

      


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:20Comments(0)告知

    2017年06月11日

    環境活動交流会

    ちょうふ環境市民会議」が企画する「環境活動交流会」が、6月17日(土)・18日(日)に開催されます。



    yotsubaちょうふ環境市民会議」とは?
    調布市内で環境に関連した活動をしている団体で構成されています。
    調布の環境の保全・回復・人材育成・啓発活動・情報の収集・発信等の活動を行っています。
    「ちょうふ環境市民会議」HP→
    http://chofu-kankyo-shimin.org/

    yotsuba環境活動交流会」とは?
    調布市内で活動している団体が一堂に会して、交流・PRをするイベントです。
    今回で9回目を迎えます。

    <パネル展示>
    野川や多摩川、雑木林や田んぼ、リサイクル、エネルギーやエコハウスなど、ざまざまな環境ボランティア活動を紹介します。
    17日(土)11:00~18:00
    18日(日)10:00~18:00

    <学習会>
    「緑環境を守るために私達にできること」
    ・国分寺崖線の緑地保全について~世田谷区の事例から学ぶ~
     講師:世田谷区みどりと水政策部みどり政策課 岩崎係長
    ・調布市の緑施策の現状報告
     緑と公園課 代田課長
    17日(土)14:00~16:00

    <交流カフェ>
    「話そう。あんなこと・こんなこと」
    緑地保全や佐須地域の保全活用などがテーマの予定。
    18日(日)①10:00~ ②14:00~

    会場:調布市文化会館たづくり2階 北ギャラリー
    参加費:無料
    「環境活動交流会」はどなたでも参加できます。

    問合せ:調布市環境政策課 042-481-7086


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 18:00Comments(0)告知

    2017年06月02日

    調布ジュニア映画塾 募集開始

    「調布ジュニア映画塾」が2017年度の募集を開始しました。



    green_right「調布ジュニア映画塾」とは?
    中学生が映画作りの面白さを体験できるワークショップです。
    NPO法人「調布まちづくりの会」が、「映画のまち調布」にふさわしいまちづくり事業として2010年に始め、今年で8年目となります。
    プロの映画監督や技術者の指導を受けながら、脚本、撮影、編集という映画制作の基本を体験します。

    映画作りはだれでも取り組める創作活動です。
    映画制作という共同作業の中で創造力や表現力を養うと同時に、仲間と協力し知恵を出し合って、自分たちの映画を作り上げる達成感を味わうことができます。

    申込み締切は6月28日(水)です。
    詳しいことは「調布ジュニア映画塾 第8期生募集」ページをご覧ください。
    http://jeiga.tamaliver.jp/e439947.html


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:51Comments(0)告知

    2017年05月12日

    調布市民映画塾 上映会

    第9回調布市民映画塾のご案内です。



    主催の「NPO法人調布シネマクラブ」は、「映画のまち調布」を盛り上げるためにさまざまな活動をしている団体です。
    今回の企画は、映画「嗚呼 満蒙開拓団」の上映会とトークです。

    green_right映画「嗚呼 満蒙開拓団」とは?
    満州事変以降、日本政府の国策によって旧満州(中国東北部)に送りこまれた「満蒙開拓団」。
    敗戦までに約27万人が移住したそうですが、敗戦直前のソ連侵攻で関東軍から置き去りにされてしまいました。
    約8万人の命が失われ、多くの残留孤児や残留婦人を生みだすことになりました。
    黒竜江省方正(ほうまさ)県に、中国政府が建立した日本人公墓があります。
    自らも旧満州に生まれた羽田澄子監督が、その墓参りツアーに同行し、当時を知る人々の貴重な証言を得ます。
    今なお続く満蒙開拓団の悲劇を明らかにしたドキュメンタリーです。

    上映後のトークでは、羽田澄子監督と親交の深い大竹洋子さん(映画評論家・元東京国際女性映画祭ディレクター)が解説をしてくださいます。

    日時:5月16日(火) ①10:00~12:30 ②13:30~16:00
    会場:調布市文化会館たづくり8階 映像シアター
    会費:800円(各回定員100名 全席自由)

    申込み等はこちらをご覧ください。
    http://choufucinemaclub.tamaliver.jp/e438207.html


    (ゆ)
      


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:36Comments(0)告知

    2017年05月10日

    2017 アースディin調布

    地球環境のことを考える日「アースディ」が、5月13日(土)調布で開催されます。



    地球にやさしい持続可能社会をめざすいろいろな団体が参加します。
    「里山からのおくりものを知って、遊んで、食べて」一緒に地球のことを考えてみませんか。

    yotsubaステージイベント
    ・フォルクローレ ・ハワイアンフラ ・日本大道芸(江戸のもの売り他) ・ヒーローショー(ギャネック)

    yotsuba出店
    ・子育てサークル ・生協 ・電力自給の家 ・田んぼの学校 ・リサイクル、リユース ・無農薬、無添加食品 ・誰もが生きやすい地域づくり ・調布の放射能 ・自然エネルギー ・太陽光発電 ・ソーラークッカー

    yotsubaパネルトーク
    「調布の宝もの」13:20~

    yotsubaフリーマーケットも同時開催

    yotsuba食べ物も楽しめます
    ・無農薬野菜食堂のお料理 ・フィリピンの家庭料理 ・イタリアンジェラート、シフォンケーキ、クッキー、カボチャプリン ・ゲゲゲの鬼太郎「妖怪焼き」

    日時:5月13日(土)10:00~15:00
    場所:調布市役所前庭広場
    入場無料


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 17:51Comments(0)告知

    2017年03月29日

    キートス チャリティコンサート

    「NPO法人 青少年の居場所 Kiitos」がチャリティコンサートを開催します。



    「歌の花束をキートスへ」と題した、秦 万里子さんによるチャリティーコンサートです。

    日時: 3月31日(金)18:30~20:00
    場所: 調布市グリーンホール 小ホール
    料金: ¥3,000 (全席自由) ※当日券あります。

    icon31キートスとは?
    2010年7月調布に設立された、中学生から20代までならだれでも利用できる施設です。
    現在、子どもたちの「居場所」であるべき家庭の在り方が、様々な状況によって大きく変化しています。
    そして、家族の役割の崩壊の中、不安を抱え居場所を探し続ける子どもは増えています。
    そのような子どもたちが、少し疲れた羽を休めて再び飛び立つための「止まり木」のようなところとして、自立への手助けをしています。
    「NPO法人 青少年の居場所 Kiitos」ホームページ
    → http://kiitos.org/

    yotsuba秦 万里子さん
    52歳デビュー、NHK総合「歌うコンシェルジュ」、テレビ朝日「ワイド!スクランブル」(毎週水曜日コメンテーター)、テレビ神奈川「ありがとっ!」、文化放送「飛べ!サルバドール」、文化放送「くにまるジャパン」等に出演。
    ライブ、コーラス指導、講演など精力的に活動中。
    秦 万里子さんホームページ
    → http://hatamariko.net/


    (ゆ)  


  • Posted by ちょうふネットテレビ at 22:57Comments(0)告知